living sparkly naturally 地球と身体にやさしい生活

アメリカ西海岸(Northwest)で暮らしています。プラントベースな食生活、ゆるゼロウェイスト、ホメオパスの卵、そして一児の母としての毎日を綴ります。2019年4月に中古RVを購入、タイニーハウスプロジェクト開始しました!

日本で一時保育を利用する

9月に入ったら、息子を一時保育に預ける事にしました。

週に3回、朝からお昼までの半日。

今回はまとまった期間日本に居るので、7月に戻ってきてすぐに役所に転入届提出、保育園か幼稚園に入園希望である事を伝えました。ここは県庁所在地だけれど、地方だし待機児童問題はきっと大丈夫だろうと思っていたら、甘かった。待機児童で溢れかえっているそうで…。幾つかの保育園に問い合わせしてみたものの、我が家は共働きでもないし、片親家庭でもないし、途中入園だし、実家の両親が居るし、きっぱり無理です!と門前払いをされてしまいました。知らなかったのですが、共働き家庭と片親家庭が、全国平均よりもかなり高いらしい…。個人的な理由は加味されず、ただただ定められた基準に沿った加点方式で入園の可否がAIによって決められるそうです。

まぁしょうがないのは承知しているし、うちよりも切羽詰まった状況下で保育園の空きを待っている家庭が沢山あるのも理解していますが、ちょっと残念…。7月~10月の3か月の間に、日本の先生と日本の子供たちの中で、日本語と日本文化にどっぷり浸かる体験をさせたかったなぁ。

幼稚園は来年4月まで年少クラスに入れず保育園もダメだったので、こども園の一時保育を申し込んだのですが週最大3日まで、予約制で空きがあれば預けられるそう。

上履き、タオル、着替え、ゴム付きの帽子など、The 日本の園アイテムを揃え、1つ1つに名前を付ける作業が新鮮で夜な夜な密かに楽しんでいます。

 息子を預けている間、溜まりに溜まったe-ラーニングコースの授業を頑張ろうと思います!!!