living sparkly naturally 地球と身体にやさしい生活

アメリカ西海岸(Northwest)で暮らしています。プラントベースな食生活、ゆるゼロウェイスト、ホメオパスの卵、そして一児の母としての毎日を綴ります。2019年4月に中古RVを購入、タイニーハウスプロジェクト開始しました!

母を連れてアメリカへ

日本滞在も残り一週間をきりました。

日本に着いたばかりの頃は荷物を増やさないようにと気を遣っていましたが、3か月も経つとそれなりにモノが増えました。子どもの冬服(夏服しか持って来ていなかった)や私のe-ラーニングのテキスト、アメリカでは手に入らない上質なお醤油などの調味料やキッチン用品、息子の3歳の誕生日プレゼント、お土産など、嵩張るものや重いものが多い!

本当は先週中に夫が空のスーツケースを携えて迎えに来てくれる予定だったのですが、仕事の関係でアメリカを離れられなくなってしまいました。日本に来るフライトで息子が愚図りかなり大変な思いをしたので、帰りは大人2人で飛びたいと思っていたのに叶わず、当てにしていたスーツケースも届かなくなり帰国日間近にアタフタ、どうしたら良いものか…思いあぐねていました。

結果を先に言ってしまうと、一人で息子を連れてロングフライトを耐え抜くという悪夢は回避されました。私の母が一緒にアメリカまで来てくれる事になったのです!ドイツ在住時は父と2人で2回会いに来てくれた事がありましたが、アメリカに来るのは今回が初めて。父は用事があるので今回は日本でお留守番です。アメリカ入国はESTA申請から始まって、イミグレでは指紋採取や顔写真撮影、滞在期間や滞在先等を細かく聞かれるのが不安なようで(英語が出来ないので)一人で渡米するのは嫌だけど、私と一緒なら行きたいといってくれたので母を連れてアメリカへ帰ります。雨も多く寒いノースウェストで申し訳ないのですが…。

母の小さ目スーツケースに私達の荷物を詰めさせてもらってもまだ足りないので、今すぐ必要でないものはSAL便等で送ろうかと思っています。息子の夏服はもうすっかりサイズアウトしているのでこちらで処分、私の夏服も着倒してヨレヨレのものは処分します。

 アメリカに帰ったら、まずは夫に美味しいごはんを作ってあげたい。平日は母を連れてどこへ行こうかな。最初の計画とは色々違ってしまったけれど、結果オーライ!です。