living sparkly naturally 地球と身体にやさしい生活

アメリカ西海岸で暮らしています。プラントベースな食生活、ゆるゼロウェイスト、ゆるミニマリスト、ホメオパスの卵、そして一児の母としての毎日を綴ります。

強いショックや不安を感じた時のレメディー

昨日午後2時過ぎ、夫が運転する車に乗って夫の職場に一緒に向かっていたら

私たちの目の前で、車二台が衝突する事故が発生&目撃してしまいました。

夫はすぐに脇の駐車場に入り、911にコール。

電話を切ってから車を降り、後続車の邪魔にならないように飛び散ったバンパーやその他の破片を脇に寄せ、警察が到着するまでその場に残り、状況説明(ダッシュカメラで一部始終映像が残っていました。)、事故当事者の様子を見守ったり、できる範囲の事をしていました。

その後車に戻って来た時にアコナイトのレメディーを口に放り込み、落ち着くまで様子を見ていました。

事故発生直後はてきぱきと動いていた夫も、ふと落ち着いた時に目の前で起こった衝突事故にショックを受け、心臓はバクバク、足もガクガク震えていた事に気が付いたのでした。

こういう時のNo.1レメディーはアコナイト(Acon.)です。

通常はレメディー1粒ですが、こういう時は数分おきにリピートしてとると良いです。

 

私がドイツ在住時にホメオパシーと出会い(ホメオパシーはドイツ発祥の同種療法です)、最初は半信半疑で興味もなかったのに、ひょんな事がきっかけで真剣に学ぶようになり、結婚してからはこういう時はこういうレメディーが良いと、とか、ホメオパシーの原理、その他自然療法の知識を事ある毎に話してきて、実際に夫にレメディーを摂らせてみて効果を感じているからか、彼も今ではすっかりレメディーのある暮らしになじんでいます。

今回も、最初にアコナイトを摂って数分後に、もう1粒必要だと思うと言って、自らリピート摂取していました。正直、ビックリしました。ちゃんと的確なレメディーを的確なタイミングで摂れるようになったんだなーと。

 

日本ではホメオパシーは徹底的に潰し、科学的根拠が無い、エビデンスが無い、インチキだ、ただの砂糖玉なのに効果があるはずがない、プラセボ効果だとか色々言われているようですが、そういう人こそ、1度自分の身で確かめてみたらよいと思います。

だって、"ただの砂糖玉"なのだから、死ぬ事も無ければ副作用も無いでしょう?

水銀、アルミ、ホルマリン、ホルムアルデヒド、MSG、動物細胞/DNA、死んだ人間の胎児の細胞で培養されたウイルスから作られた予防接種は当たり前に打つのならば、砂糖玉1つを舐める事なんて何でもないでしょう?

石油が原材料の化学薬品の市販薬やサプリメントは平気で服用するのに、砂糖玉は危険だというのでしょうか?

海外でもホメオパシーを始めとする自然療法を潰そうとする動きは確かにあります。

自然療法が広まって誰もワクチン接種をしなくなり、市販薬が売れなくなったら、世界を牛耳っている1%の人々は世界をコントロールできなくなってしまうし、お金儲けもできなくなってしまいますからね。

でも当の本人たちはワクチン接種もしなければ市販薬は絶対口にしないし、ちゃっかりしっかり自然療法愛好者、ホメオパシーレメディー使っていますからね。

私が住んでいるアメリカ西海岸でもナチュロパス(自然療法士)は当たり前にいますし、需要もあり、利用する人もどんどん増えています。

現代医学では病気は治らない、限界点があると気づき、最終的に自然療法を試し、自分で勉強し真実に気づいていくのです。

 

以前のブログ記事でも書きましたが、私は現代医学を否定しているわけではありません。現代医学が必要な時はもちろんあって、必要な時には現代医学にお世話になります。でも、病気の根本治療は自然療法の方が得意な場合が多いのです。

2つの良いところどりをしたって良いじゃない。治療費も安く済むし、治療期間も短縮できる、自分にとって良い事ばかりじゃない?

 

必要な情報は自ら集める。ネガティブな情報ばかりが目立つ時、それらの情報源は一体どこからなのか、じゃあ反対にポジティブな情報はどうやったら見つかるか、そしてそれらの情報源はどこからなのか、日本だけでなく海外からの情報を集めてみる、関連する本を何冊か読んでみる、ここまでしてやっと自分にとっての真偽を判断する事が出来るのではないかと思います。

英語が出来ないから海外の情報は集められません!なんて言い訳はしないで!!

今、沢山の方々が海外の情報を日本語に翻訳してブログやSNSなどで情報シェアをしてくれています。

どうか、どうか、みんな賢く生きて!!

レメディーの話から、どんどん話がずれましたが…

少しでも多くの人の心に届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

使い捨てだしパックやめました

もう何年も前に買った使い捨てのだしパックがずっと残っていましたが、

やっと使い切りました。

当初はお茶を煮出したり、鰹でだしをとる時に使うつもりで買いましたが

使い捨てるライフスタイルから、ゴミを減らし無駄を減らすライフスタイルに

切り替えていく中で、不織布のだしパックの出番はすっかりなくなってしまったのです。

 

続きを読む

自分で収集し、自分で精査する事の重要性

 先日のブログ記事で、我が家は殆どTVを観ないと書きました。

夫に付き合って、たまにドキュメンタリー番組や映画を一緒に観たりしますが、

本当はTV自体を処分してしまいたい…。

TVが無くなったら無くなったで、別に夫も困らないと言ってます。

 

続きを読む

今年やりたい100のこと

年が明けてから、今年やりたい事を100個ノートに書き出してみました。

普段からあれやりたい!これもやってみたい!と色々な事に興味を持っていますが、

いざ100個書き出そうとすると、なかなかハードな作業…。

 

ここに全てを書き出すのは無理なので、いくつかピックアップして

ご紹介しようと思います。

  1. 針仕事
  2. Yoga+瞑想を取り入れる
  3. 夫婦の時間を更に増やす

1.針仕事

子供が産まれる前は、ハワイアンキルトにハマってクッションカバーやタペストリー、

子供の誕生を記念してベビーキルトを作ったりしていましたが、全て手縫いなので

時間がかかる…。2歳児を育てていると流石に手が回りません。

2年前にアンティークの足踏みミシンを買って以来、ちょっとした小物や子供の服を

縫う楽しさを知りました。

今年は不要になった衣類などを子供のエプロンや遊び着、小物にリメイクし

ゼロウェイストライフに繋げていきたいと思います。

 

2.Yoga+瞑想を取り入れる

今まで何度も挫折したヨガ。昨年は友人がインドでヨガを学んだり、こちらで出会った

日本人の方がヨガを教えていたりで、彼女達を見ているともう1度ヨガにチャレンジしてみたいと思うようになりました。

育児休暇中の今、子供を置いてどこかに出掛ける事も難しく、今の時期は外は極寒。

家に籠りがちで身体を動かす事が殆どないので、完全なる運動不足。

そうなると精神的にも色々と悪影響が出てくるのですよね…。

心身ともに、平穏としなやかさをもってちょっとやそっとでは揺るがない、なびかない

でいられるように、瞑想も取り入れた生活を目指したいと思います。

 

3.夫婦の時間をさらに増やす

有難い事に、夫は家の事も一緒にやってくれるし、子供の面倒をよく見てくれ

良き父親であり良き夫です。

平日もかなり早く帰って来るので、家族揃って夕食を食べて子供をお風呂に入れるのが

当たり前の毎日ですが、子供が寝静まってからも私はキッチンの片付け、夫は翌日の準備などに追われて、夫婦二人でゆっくりする時間が殆どないのが現状です。

昼間に夫婦でちょこちょこ会話しようものなら、アテンションの欲しい息子が

会話に割り込んできて邪魔をするので、いつも話が中途半端に終わってしまいます。

これからは、キッチンの片付けは早々に切り上げて夫婦ふたりでゆっくり話しをする時間を確保したいなと思います。

実は夫婦で計画している一大プロジェクトがあるので、もっともっと二人で構想を練り上げて早く行動に移せるようにしたいのです。

その話はまた追々。

 

みなさんは今年、どんな事をやってみたいですか?

 

 

 
 
 

 

Netflix近藤麻理恵さんの番組の影響を受けて

我が家では普段テレビを観る事はほぼありません。

ケーブルテレビも観れる環境ですが、全然観ません。

何故かと言うと、テレビを観るような時間的な余裕が無い、

そしてテレビを観る時間があれば他にやりたい事を優先したい、

更に言うと、情報操作されて(誰かさんの言葉を借りるならFake Newsばかり)

常にネガティブな事、どうでも良いゴシップばっかりのテレビに

魅力を感じません。

必要な情報は、テレビを観なくても自分で収集できるし、わざわざ自分から

洗脳のトラップに飛び込んでいく事はしたくないのです。

 

続きを読む

謹賀新年2019 アメリカでシンプル&デトックスおせち

明けましておめでとうございます。

2019年が始まって早3日が過ぎました。

ぎりぎり新年のご挨拶、間に合いました!

 

続きを読む

アメリカで餅をつく

日本はあと6時間程で年越しですね。

こちらアメリカ西海岸は今ようやく31日に日付が変わったところです。

 

最後に日本でお正月を迎えたのはいつだろう…?

2006年から数える程度しか日本で年末年始を過ごせていないと、今気が付きました。

アメリカでの年越しは今回で3度目。

これまでおせち料理やお雑煮は作ってきましたが、お餅は手軽に市販のものを買っていました。

今年は少しだけれど、手作りしました。

家族3人でもち米2合分。

本当はもち米を蒸かして杵と臼でつきたいところですが、流石にこちらでは難しいのでもっと簡単に、炊飯器とKitchenaidのスタンドミキサーを使いました。

 

作り方は説明も必要ない位とっても簡単!

まずはもち米を水に浸して軽く洗ってから水につけておく。(少なくとも1時間は)

そして炊飯器の指示通りに炊く。

我が家の炊飯器にはもち米モードはありませんが、お釜の水量メモリは白米、玄米、すし飯、もち米、おかゆの5種類があり、もち米のメモリに合わせてお水を入れました。

炊きあがったらスタンドミキサーのボウルに移し、麺棒などを水で濡らして軽くつぶします。

ある程度したら、ハンドミキサーのスイッチを入れて粒が無くなり粘り気が出たらOK。

f:id:livingsparklynaturally:20181231165852j:plain

途中で適宜、ボウルの周りに付いたもち米を中央へ寄せます。

f:id:livingsparklynaturally:20181231165917j:plain

 

予め片栗粉や上新粉をひいた台の上に出し、程度な大きさにちぎり形を整えて出来上がりです。(我が家は丸餅ですが、角餅の場合はちぎらずのして下さい。)

f:id:livingsparklynaturally:20181231165938j:plain

2合のもち米で、9個(鏡餅用の大きいものも含め。)出来ました。

 

今回初めてこの方法で餅をつきましたが、蒸すよりも炊飯器で炊く方が柔らかくなるようで、もう少し水の量を減らしても良かったように思います。特に丸餅にする場合は、どんなに形を整えても、時間が経つと、横へだらけてしまいます。

 

スタンドミキサーが無い場合は、炊きあがったもち米をボウルへ移し、麺棒などで地道につく方法もあります。その場合は、20分位掛かるそう。

でも、つきたてのお餅の味は格別なので、やる価値はあると思います。

次は息子と一緒に、綿棒でついてみようと思います。

 

 皆様、どうぞ良いお年をお迎えください!