living sparkly naturally 地球と身体にやさしい生活

アメリカ西海岸(Northwest)で暮らしています。プラントベースな食生活、ゆるゼロウェイスト、ホメオパスの卵、そして一児の母としての毎日を綴ります。2019年4月に中古RVを購入、タイニーハウスプロジェクト開始しました!

仕事復帰について考える

私はとても幸運なことに、息子が4歳になるまで4年間の育児休暇を頂いています。

日本の企業ならば子供が満1歳になるタイミングで職場復帰、妊娠が分かった時点で保活を始めなければならない地域も多いと聞きます。私の属している会社はドイツ企業、育児休暇終了時点で退職する選択も、職場復帰をする選択も、パートタイムに切り替える選択肢も、用意してくれています。なんて有難い。

私の場合はちょっと特殊な環境で、結婚当初夫はアメリカ在住、私はドイツ在住、遠距離結婚生活からスタートし、妊娠発覚を機にすぐさま産休を取得、ドイツのアパートを引き払って夫のいるアメリカへ引っ越し、そのまま育児休暇に突入しました。仕事に関しては転職2回しながらずっと同じ業界、同じ職種で休まず8年働いていたので、妊娠出産を機に1度仕事から離れて家族と一緒に同じ家で暮らせる事が有難く、子育ても楽しいし、復帰の事はずっと後回しにあまり真剣に考える事なく過ごしてきました。

育児休暇もあと1年弱で終わる、そろそろ考えなければなーと思っていたところに、同じタイミングで妊娠出産をし育児休暇を取得していた同僚から、同業他社に転職、無事にOJTも終えて9月から本格仕事復帰をすると報告メールが来ました。

そのメールを読んで、正直とてもショックで…。というのも、その同僚は二児の母で上の子は息子と同い年、下の子は1歳を過ぎたばかり。下の子が3歳になるまで育児休暇を延長したと聞いていたので、まさかこのタイミングで転職・仕事復帰をするとは思っていなかったのです。そしてその転職先というのが私がずっと入りたいと思っていた会社だったのです。物理的にも私のキャリアプラン的にも、今はその会社に入るという選択肢は無かったし、今そこに入社したいかと言われたらNo!なのですが…。

子供を産んで、1人の女性、夫の妻としてではなく、1人の母としての生き方を考えるようになって、「仕事」への価値観が変化しました。

私にとって「仕事をする」という事は、自分の時間やスキル、エネルギーを使って対価(お給料)を頂く事です。子育てをする母として、子どもを預けて(目と手の届かないところに預けて)まで「仕事」がしたいか、と言われたらやはり違うのです。

ただ、これまでやってきた職種は世界中の人々との出会いがあり、いろいろな場所へ行ける、福利厚生も企業によって若干の違いはあるけれどとても良いし、子供の頃から憧れていた仕事で仕事自体は好き。その代わり不規則な勤務形態、家を離れる事も多いのがデメリットです。しかもアメリカ在住でドイツが職場。やっぱり無理がありすぎるかな…。

価値観は人それぞれ、経済状況も生活環境もそれぞれの事情があるから、何が正しくて何が間違っているとは言えないけれど、私は仕事のために家族や子どもを置いて数日家を空けたくない、そう思っています。

好きな仕事だけれど、家族と離れたくないなんてわがままなって思われそうですが…。たった1度の人生だからこそ、悔いのないように決断したいし、やりたい事をやりたい、だからこそ色々考えて悩むのです。うちは住宅ローンも車のローンも借金も何もないし、夫も「やりたい事をやれば良いよ、働きたいなら働いても良いし働かなくても良いよ」という人なので、絶対働かなければならないという状況ではないからこその悩みと言えばそうなのかも知れない…。

この仕事を辞めて次にやりたい事もあるのです。だから、悩む必要なんて無いっちゃないのですが、今までのコンフォートゾーンを抜け出すときにはきっと誰もがこんな風に悩んだり不安を抱いたりするはず!と思ったり。やっぱり自分で稼いだお金で好きなものを買ったりプレゼントしたりしたいしね。

結局、同僚の転職・職場復帰報告のメールにショックを受けたのは、彼女が一足先に決断し次のステップを歩みだした、しかもそのステージが私がずっと憧れていた企業だった、という事なんですかね。こうして文章に書くことで冷静に頭の中を整理できてきました。

いや~、私の独り言に付き合わせてしまって…ごめんなさいね。

 

 

 

 

 

初めての一時保育

今日は初めての一時保育。本来は9時から13時までの半日預かりですが、初日なので今日は11時半までの慣らし保育でした。

前日から「こども園にいくの!」と楽しみにしていた息子。教室でお別れする時も「じゃあね!ばいばい!」と笑顔で送り出されました。もともと人見知りも場所見知りも殆どしないし、アメリカでも週に2回プリスクールに通っているので問題無いと思っていましたが、予想通りの展開(笑)

アメリカでは90分プリスクールの待合室で他の保護者と一緒に待っているのですが、今日は2時間半時間が出来たので母と一緒に時間潰し。息子が生まれてから息子抜きでカフェへ行った事が無かったので、こんなにも静かにのんびりコーヒーを飲めるなんて夢のようでした。でも何だかこの静けさに慣れなくて、妙にソワソワしてしまいました。

慣らし保育が終わったら4時間しっかり自分の時間ができるので、その時間を使って勉強したり買い物したり、図書館で調べものをしたり、時間を有効活用したいと思います。

ドキドキしながらお迎えに行くと、息子はしっかり給食を食べ、先生とそれはそれは楽しそうに遊び「おうちに帰らないの!」と言い張ってなかなか帰ろうとせず、最後は職員室に入って色々な先生から「〇〇君、また水曜日待ってるね!」と声を掛けられ、抱き抱えて帰ってきました(笑) 車の中でふと自分のバックパックを指さして、「ママ、これ(買ってくれて?準備してくれて?)ありがとう!」と言い出し、ビックリしました。お風呂に入って寝かしつける時は今日の出来事を思い出して「先生とごはん(給食)食べたの。(息子の分の給食を先生にあげようとしたけれど、)先生は要らないよって言ったの。」と言いながら眠りにつきました。

小さい身体で毎日たくさんの経験をして感じたり考えたり、大人が思う以上に子供の世界は色鮮やかで日々成長しているのだなと思うと、胸にこみ上げてくるものがありますね。

 

日本で一時保育を利用する

9月に入ったら、息子を一時保育に預ける事にしました。

週に3回、朝からお昼までの半日。

今回はまとまった期間日本に居るので、7月に戻ってきてすぐに役所に転入届提出、保育園か幼稚園に入園希望である事を伝えました。ここは県庁所在地だけれど、地方だし待機児童問題はきっと大丈夫だろうと思っていたら、甘かった。待機児童で溢れかえっているそうで…。幾つかの保育園に問い合わせしてみたものの、我が家は共働きでもないし、片親家庭でもないし、途中入園だし、実家の両親が居るし、きっぱり無理です!と門前払いをされてしまいました。知らなかったのですが、共働き家庭と片親家庭が、全国平均よりもかなり高いらしい…。個人的な理由は加味されず、ただただ定められた基準に沿った加点方式で入園の可否がAIによって決められるそうです。

まぁしょうがないのは承知しているし、うちよりも切羽詰まった状況下で保育園の空きを待っている家庭が沢山あるのも理解していますが、ちょっと残念…。7月~10月の3か月の間に、日本の先生と日本の子供たちの中で、日本語と日本文化にどっぷり浸かる体験をさせたかったなぁ。

幼稚園は来年4月まで年少クラスに入れず保育園もダメだったので、こども園の一時保育を申し込んだのですが週最大3日まで、予約制で空きがあれば預けられるそう。

上履き、タオル、着替え、ゴム付きの帽子など、The 日本の園アイテムを揃え、1つ1つに名前を付ける作業が新鮮で夜な夜な密かに楽しんでいます。

 息子を預けている間、溜まりに溜まったe-ラーニングコースの授業を頑張ろうと思います!!!

ソーラーパネル設置急増に思うこと

2年振りに実家に帰省して驚いたこと。

それはソーラーパネルを設置した住居がこの2年で急増しているという事です。

昔からあった一軒家も新しく建った一軒家もアパートも…あらゆる建物の屋根の上にソーラーパネルがのっかっている!これには相当驚いたのですが、それより更に衝撃を受けたのは、住宅地のすぐ近くの空き地にソーラーパネルを設置したり田んぼだった場所を埋め立ててソーラーパネルを設置したり、挙句の果てに、わざわざ山の斜面の木を伐採して大量にソーラパネルを設置している事です。しかも1ヶ所だけでなくあちこちの山で。もうこれにはショックというか何というか、いよいよヤバくなってきたぞ…というのが正直な感想。

太陽光発電は自然の力を活用してクリーンに電気を生み出せるから、原子力発電や火力発電よりも安全で環境への負担が少なく、自家発電して余った電力は電力会社に買い取ってもらえる!って事が魅力・メリットとされているのかな?

ここ瀬戸内は地中海性気候に似ていて、夏の日照時間も長く日差しも強いのでソーラーパネルを導入する事で沢山発電できるから良いよ!という謳い文句でもあるのかしら?と思ったり…。

ソーラーパネルのデメリットは無いのか、良い事ばかりなのか?と言ったら、もちろんそうじゃないんですよね。

1番の問題は電磁波。正確にはソーラーパネル自体が電磁波を発生させるのではなく、ソーラーパネルと接続させる場所、つまりはパワーコンディション(インバーター。直流の電気を交流に変換させる場所)で発生します。(専門家ではないので定かではないですが、とにかくこれがないとせっかく発電した電気は家庭で使えない。)

ずいぶん前から発電所や変換所の近くには住むなと言われていてますが、あまり知られていないのかな?アメリカではどんな豪邸でも近くにこれらがあれば不動産価値がガタ落ちするとも言われています。そして実際に健康被害を訴えている人が沢山います。頭痛、呼吸困難、不眠、鼻血、皮膚病、視力低下、震えや難聴(電磁波過敏症)や、小児白血病などなど。訴訟問題も起きていますしね。国は(日本に限らず!)お得意の「十分なエビデンスがない」と言ってうやむやにしていますが、調べたら幾らでも出てくるし、馬鹿にしないでくれる?と頭に来てしまいます。そして怖いのは、自分や家族だけでなく、ご近所にも健康被害を出してしまった時です。設置した業者も、設置を推進した自治体も国も、面倒見てくれるのでしょうか?人体や動物への被害だけでなく、植物も土もダメになってしまうのではないかと、怖いのです。

余談ですが、風力発電の風車も電磁波問題を抱えています。

そして2つ目の問題はソーラーパネルは有毒物質を含む産業廃棄物になってしまうという事です。シリコンやカドミウム(イタイタイ病を引き起こす)が含まれるソーラーパネル。これ、不要になったり故障した場合どうするのでしょうか?土に還る?生態系に何の影響も与えずに処理できる?もし火災が起きたらどうなる?近隣住民も消火活動にあたる消防士たちも有害物質吸いまくりです。田んぼや山に設置されたパネルから有害物質が漏れだしたらどうなる?

こんな説明をほとんどせずに、良い事ばかりを全面に出してソーラーパネルを導入させる国も国ですが、それを鵜呑みにして飛びつく国民も悪い!!と私は思います。マスコミ・メディアに洗脳され過ぎ。

太陽光発電風力発電=エコ、クリーンでは無いのです。

自分で考える、調べる事をしないから、国はいつでも何でもこうして私たちをうまく操作してくる。自分の利益を優先し、自分さえお金を節約できれば良いとかそういう次元の話では無いのです。

誤解して欲しくないのは、アメリカが良くて日本が悪いと言っているわけでは決してない、という事です。アメリカでも同じ問題が起こっているし、更に5G問題が深刻になっています。(日本もですが。)アメリカなんて赤字の赤字の赤字国家だし(日本も赤字国家と言われていますが、現実は違うようですよ。)、ワクチン問題もモンサント問題も同じようにあります。第二の故郷ドイツだって問題山積みです。私は仙人のような生活をしようと言っているわけでも、私自身がそんな現代文明を全否定した生活をしようとしているわけではないのです。ただただ、人類がここまで色々やらかして来て取り返しがつかないところまで来ているのならば、1つ1つ、よーーーーーく考えて調べてモノを買ったり使ったりしましょうという事が言いたいのです。

私は生まれ育った自然豊かで穏やかな気候の瀬戸内が大好きだし、いつかここへ戻ってきて自然農をしながらホメオパスもやり、里山を再生させたい、自然を守りたいと密かに夢見ていたので(現実化できるかはまた別問題)、この2年の間に至る所にソーラーパネルを設置されてしまった事が悲しくて残念でショックで…こんな感情的なブログを書いてしまいました。

私もまだまだ勉強不足。学ぶ事をコツコツ続けていきます。

買いたいと思う食材が見つからない問題

日本に里帰りして1か月ちょっとが経過。毎日とんでもなく暑かった夏がようやく過ぎ去り、秋の気配を感じられるようになってきました。

ここ10年強で実家の周りは開発が進んで大型スーパーが出来たり大きな幹線道路が出来たりしましたが、まだまだ田んぼや畑が残る瀬戸内の穏やかでのんびりした場所で毎日過ごしています。東京のように数分おきに電車は来ないし、バスも1時間に数本、車がないとどこにも行けないけれど、だからこそ時間に追われず自分のペースで過ごせる事に幸せを感じます。

農家さんも多いので、産直で新鮮な野菜や果物も手に入ります。(大好きな桃やマスカットの季節はそろそろ終わり、少しずつイチジクが出始めました!)

でも!!手放しで喜べないのが現実です。地方都市のせいなのか、日本全体なのか分かりかねますが、無農薬、有機栽培のものはその辺のスーパーではまず手に入らない。アメリカでは比較的手頃な値段でどこのスーパーでも取り扱っているオーガニックのバナナでさえ日本では入手が難しい。近所のスーパーに行っても、少し離れたスーパーに行っても、無いのです。

並んでいるのは色・艶・形は素晴らしい美しい野菜や果物ばかり。でも無農薬、有機栽培という表示が見当たらない。精肉売り場も魚売り場、乳製品売り場も同様。ホルモン剤抗生物質、ワクチンが当たり前のように使用され、飼料も遺伝子組み換え穀物など当たり前に使われているのだろうと想像すると、ぞっとしてしまいます。お菓子売り場も調味料売り場も、とにかく欲しい!買いたい!と思うものが無い。もっと言うと、子供に食べさせたいと思うものが無いのです。

少し離れたところに自然食品店があるので、そこへ行ってはちょこちょこ買い物をしたりしますが、両親と一緒に食事をするのでなかなか私の思い通り希望通りにはできません。両親だけでなく、同世代の友達やママ友に話をする機会は今までに何度もありましたが、響かない届かないのですよね。彼らの目には私がただの「神経質なママ」に映るだけ。そりゃ、食や環境、世界の秩序、システムについて興味がなければそんな反応が返ってくるのも当たり前ですが…そろそろ目覚めましょうよー。

少しでも節約したいから食にはお金をかけられない、安いものを時短でおいしく頂ければそれで良い、という考え方で10年後20年後、どうなっているか考えてみましょうよー。お金を節約する事と健康を維持する事、同時に考えてみましょう。

 

 

 

図書館と古本屋をフル活用

日本帰省中にしたい事リストの中に、本を読む事が含まれていました。しかも結構重要度高め。

アメリカでも日本の本は手に入るけれど、流行りの小説や雑誌には興味がなく、免疫学だったり量子力学だったり、東洋医学統合医療、自然療法、パーマカルチャー、自然農…と、かなりマニアックなジャンルの本となると日本から輸入しなければならず割高になるし、送料もかかってしまいます。そんな訳で2年間我慢していたのですが、日本にいるからと見境なしにあれもこれもと買ってしまったら本は嵩張るし重いのでアメリカへ持って帰るのが大変になってしまいます…。

それならば、まずは図書館で気になる本を借りてみて、その中から手元に置いておきたい本を厳選し購入すれば良いのでは思い、早速息子を母に預けて図書館に行ってきました。県立図書館なのですが地方図書館のせいか、それとも私が読みたい本がマニアック過ぎるせいか、読みたいと思ってリストアップしていたものの半分も無いことが判明、かなりガッカリしています。それでもbetter than nothingです。アメリカに居たら読めない本が読めるんですもの。しかも母に息子を託して本を読む時間もある。感謝しなければいけませんね。

図書館にない本は、書店で、定価での購入ではなく少しでも安く購入したいので古本屋さんへ行ってみたりもしました。やっぱり欲しいと思っていた本はそこにも無かったけれど、興味があった医師の著書が格安で見つかって購入予定ではなかったものを買ってしまいました。今私が勉強している事につながる部分も多いし、ラッキーだったと思うことにします。

 

 

 

日本帰省中

約1か月振りのブログになりました。

7月14日にアメリカを出発し15日に成田到着。2年振りの日本を楽しんでいます。

日本に着いた7月15日は梅雨の真っ最中。都内で2泊したのですが、雨の中子供を連れて移動するだけで汗だく、久々の東京であれこれやりたい事が山程あったのですが、結局念願のヘアカット&ヘアドネーションだけを済ませ、実家のある瀬戸内へと移動してきました。

心配していたフライトは予想していた以上に大変で…。とにかくじっとしてられない息子、10時間弱のフライト中たった1時間しか寝てくれず、途中ふとダディ―の事を思い出して機内で「ダディ―に会いたい」と号泣するわ、最後の最後にシートベルト着用を全力で拒否するわで、ドッと疲れました。

両親のお蔭で、私は毎日楽させてもらっています。ただただ毎日暑くて外遊びが出来ないので、室内で遊べる場所を探してあちこち出掛けてはいますが、そろそろネタ切れ。

日本の運転免許も持っているので、母の車を借りて車で出掛ける事も可能っちゃ可能なのですが、ほとんど日本で運転した事が無く、アメリカでの運転歴が長くなってしまったので日本の狭い道、右ハンドル・左側通行が未だに怖くて運転していません。このまま日本ではペーパードライバーになってしまいそうです。

今回日本にはPCを持って来なかった事もありブログから遠のいていましたが、アメリカに戻るまでに気まぐれでまた更新できればと思っています。

 

大型台風が近づいて、明日からお天気が崩れる様ですが皆さまお気をつけて!