living sparkly naturally 地球と身体にやさしい生活

アメリカ西海岸(Northwest)で暮らしています。プラントベースな食生活、ゆるゼロウェイスト、ホメオパスの卵、そして一児の母としての毎日を綴ります。2019年4月に中古RVを購入、タイニーハウスプロジェクト開始しました!

ソーラーパネル設置急増に思うこと

2年振りに実家に帰省して驚いたこと。

それはソーラーパネルを設置した住居がこの2年で急増しているという事です。

昔からあった一軒家も新しく建った一軒家もアパートも…あらゆる建物の屋根の上にソーラーパネルがのっかっている!これには相当驚いたのですが、それより更に衝撃を受けたのは、住宅地のすぐ近くの空き地にソーラーパネルを設置したり田んぼだった場所を埋め立ててソーラーパネルを設置したり、挙句の果てに、わざわざ山の斜面の木を伐採して大量にソーラパネルを設置している事です。しかも1ヶ所だけでなくあちこちの山で。もうこれにはショックというか何というか、いよいよヤバくなってきたぞ…というのが正直な感想。

太陽光発電は自然の力を活用してクリーンに電気を生み出せるから、原子力発電や火力発電よりも安全で環境への負担が少なく、自家発電して余った電力は電力会社に買い取ってもらえる!って事が魅力・メリットとされているのかな?

ここ瀬戸内は地中海性気候に似ていて、夏の日照時間も長く日差しも強いのでソーラーパネルを導入する事で沢山発電できるから良いよ!という謳い文句でもあるのかしら?と思ったり…。

ソーラーパネルのデメリットは無いのか、良い事ばかりなのか?と言ったら、もちろんそうじゃないんですよね。

1番の問題は電磁波。正確にはソーラーパネル自体が電磁波を発生させるのではなく、ソーラーパネルと接続させる場所、つまりはパワーコンディション(インバーター。直流の電気を交流に変換させる場所)で発生します。(専門家ではないので定かではないですが、とにかくこれがないとせっかく発電した電気は家庭で使えない。)

ずいぶん前から発電所や変換所の近くには住むなと言われていてますが、あまり知られていないのかな?アメリカではどんな豪邸でも近くにこれらがあれば不動産価値がガタ落ちするとも言われています。そして実際に健康被害を訴えている人が沢山います。頭痛、呼吸困難、不眠、鼻血、皮膚病、視力低下、震えや難聴(電磁波過敏症)や、小児白血病などなど。訴訟問題も起きていますしね。国は(日本に限らず!)お得意の「十分なエビデンスがない」と言ってうやむやにしていますが、調べたら幾らでも出てくるし、馬鹿にしないでくれる?と頭に来てしまいます。そして怖いのは、自分や家族だけでなく、ご近所にも健康被害を出してしまった時です。設置した業者も、設置を推進した自治体も国も、面倒見てくれるのでしょうか?人体や動物への被害だけでなく、植物も土もダメになってしまうのではないかと、怖いのです。

余談ですが、風力発電の風車も電磁波問題を抱えています。

そして2つ目の問題はソーラーパネルは有毒物質を含む産業廃棄物になってしまうという事です。シリコンやカドミウム(イタイタイ病を引き起こす)が含まれるソーラーパネル。これ、不要になったり故障した場合どうするのでしょうか?土に還る?生態系に何の影響も与えずに処理できる?もし火災が起きたらどうなる?近隣住民も消火活動にあたる消防士たちも有害物質吸いまくりです。田んぼや山に設置されたパネルから有害物質が漏れだしたらどうなる?

こんな説明をほとんどせずに、良い事ばかりを全面に出してソーラーパネルを導入させる国も国ですが、それを鵜呑みにして飛びつく国民も悪い!!と私は思います。マスコミ・メディアに洗脳され過ぎ。

太陽光発電風力発電=エコ、クリーンでは無いのです。

自分で考える、調べる事をしないから、国はいつでも何でもこうして私たちをうまく操作してくる。自分の利益を優先し、自分さえお金を節約できれば良いとかそういう次元の話では無いのです。

誤解して欲しくないのは、アメリカが良くて日本が悪いと言っているわけでは決してない、という事です。アメリカでも同じ問題が起こっているし、更に5G問題が深刻になっています。(日本もですが。)アメリカなんて赤字の赤字の赤字国家だし(日本も赤字国家と言われていますが、現実は違うようですよ。)、ワクチン問題もモンサント問題も同じようにあります。第二の故郷ドイツだって問題山積みです。私は仙人のような生活をしようと言っているわけでも、私自身がそんな現代文明を全否定した生活をしようとしているわけではないのです。ただただ、人類がここまで色々やらかして来て取り返しがつかないところまで来ているのならば、1つ1つ、よーーーーーく考えて調べてモノを買ったり使ったりしましょうという事が言いたいのです。

私は生まれ育った自然豊かで穏やかな気候の瀬戸内が大好きだし、いつかここへ戻ってきて自然農をしながらホメオパスもやり、里山を再生させたい、自然を守りたいと密かに夢見ていたので(現実化できるかはまた別問題)、この2年の間に至る所にソーラーパネルを設置されてしまった事が悲しくて残念でショックで…こんな感情的なブログを書いてしまいました。

私もまだまだ勉強不足。学ぶ事をコツコツ続けていきます。